わかりやすく説明をしてくれる薬局

千葉県 柏市、船橋市を中心に13店舗を展開。

先輩たちの声1

私は入社以来、内科、耳鼻科、眼科の管理薬剤師として経験を積んできました。現在は小児科の調剤を受けています。

処方せんに基づいて、何種かの散剤を計量し分包する、シロップを混合して目盛りをつける何mg、何mlとの戦いですが、小さいお子さんの症状がおさまり、熱も下がって元気に回復する早さに日々圧倒されることもありますし、業務のやりがいも感じます。

これからも、薬だけではなく薬剤師としての幅広い知識を深め患者さんからの質問に即答かつ適切にアドバイスできる 「かかりつけ薬剤師」を目指したいと思います。

(昭和薬科大学 1991年卒)  戸張店長 (若葉薬局 勤務)


私は大学卒業後、製薬会社のMRとして社会に出たものの、何か物足りず社長とのご縁によりオープン2年目の弊社へと入社致しました。

1年に1店舗ずつ展開という発展期に入社させて頂き、眼科、耳鼻科、小児科、皮膚科、内科、整形外科と多科を勉強させて頂き現在に至っております。

難しい言葉を出来るだけ使わず、常に患者様より話しやすい街の「お兄ちゃん」薬剤師を心掛け早20年、見た目は「おっちゃん」に近付いてきましたが、心は初心の「お兄ちゃん」のまま気さくに話し掛けて頂けるよう、これからも頑張りたいと思います。

「全ての人の健康の為に」をモットーにしたい。

宮下薬剤部長


現在は主に精神科と内科・胃腸科の処方箋を受けているみもみ店の管理薬剤師をしております。

明るい雰囲気の店舗で、社員一同地域のかかりつけ薬局を目指して頑張っております。

医療に携わる一員として、直接患者さんとお話できるこの仕事にとても遣り甲斐を感じています。

「ありがとう」や「いつも元気をもらっています」などお礼の言葉を頂いた時は本当に嬉しい瞬間です。

これからも一人一人に合ったコミュニケーションで少しでも多くの患者さんの不安を解消し、心と体の健康をサポートしていけるよう日々努力してゆきたいです。

木村店長